お知らせ

2018 / 09 / 08
10:55

【SNBA】台風一過

9月4日に襲来した大型台風21号により、被害に遭われた皆さまにはお見舞い申し上げます。

私たちが住む界隈でも樹木やフェンスが倒れていたり、瓦礫が散乱していたりするのを目にしました。スーパーに買い出しに行っても食材の入荷が遅れ、普段は彩り豊かだった陳列台に張り紙だけが置かれていました。
豊かな暮らしが、台風が通り過ぎるだけで一変するのだと痛感しました。

でも、こんなことが起こっても時間は止まらずに過ぎていきます。
普段の生活リズムを取り戻すべく、SNBA出展のために私たちは前進あるのみです!

台風前日、「チームちょっぽ」は梅田にあるフォトアート・フジに集合していました。
この日はクリスタル・ペーパーで焼いてもらった実寸大の作品をチェックするためです。1枚1枚丁寧に薄葉紙に包装されたものを解き、巻かれていた作品を慎重に開いていきます。

 

 

ソロソロ………ペラ

 

 

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

 

 

ソロソロ……………ペラ 

 

 

・:*:・:オォオォ(*´∀`人):・:*:・

 

 

 

ソロソロ………………………ペラ  

 

 4.jpg

 

お願いだから、誰か言葉を発してよ(笑)

 

 

大きさと質感に圧倒され、言葉が出ませんでした。
クリスタル・ペーパーのツヤと発色が、個々の作品をさらに引き立たせてくれています。
これほど大きなサイズで焼くのは初めてだったこともあり、皆の心に不安がなかったといえば嘘になります。
でも作品の色と繊細なフォルムが想像以上に綺麗に現れたことで、ペーパー選びも作品のクオリティに大きく影響するのだと実感しました。

一同が安堵している中、撮影者であるちょっぽさんだけが冷静に「ここに指紋らしき汚れがあるよ」と指摘。

「輸送途中や設置最中にも汚れてしまうかもしれないけど、せめて輸送する前までは綺麗な状態を保ちたい」とのこと。

まるで大事な箱入り娘をお嫁に出そうとする父親の心境のようです。

(たしかに箱詰めにするけどw)


ゴミや傷がないか、色の出具合もこれで良いかをしっかり確認し合い、フォトアート・フジでのミッションを終えました。

 2.jpg

 

その後、場所を移してフライヤーの最終打ち合わせ。

基本的にフランスで配るものなので、内容はフランス語しか書かれていませんが、説明するのが難しい撮影方法は挿絵で理解してもらう作戦です。
絵解きなら、万国共通だし説明書きを読まなくてもわかってもらえるかなと。

 

順調に印刷ができたら、9月中旬から国内で1回目のフライヤーを配布する予定にしています。
私たちにばったり出くわしたら、「例のアレ持ってる?」と聞いてみてください。

 

たぶん、「例の」と言葉を聞く前から手渡す準備はしてると思いますけどね(笑)

 

2回目の配布は、本番のパリで。

ルーブル美術館の地下で開催されるSNBA(ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール /Société nationale des beaux-artsの略)にて、大きなサイズの作品を6点、10mの壁を使って展示させていただきます。

フライヤーはその付近で配布しております。

 

12月13日から16日まで、入場は無料です。

歴史ある作品を鑑賞されるご予定のある方、海外の現代美術作家たちの作品も素敵なものがたくさん展示してありますので、ぜひお立ち寄りください。

ちなみにSNBAとはこんなところです。

 

>> ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール (ウィキペディア)

Today's Schedule